スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by bobbin
 
[スポンサー広告
矢野顕子、忌野清志郎を歌う @いわき芸術文化交流館 アリオス 小劇場
4月22日、待望の『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』
コンサートが行われた。


軽い生地のピンクのロングドレス、キラキラしたサンダル、
ふわふわっとしたロングヘアーで前髪短め。

とにかく可愛いひと。
何ともいえず可愛らしい!

歌もピアノも素晴らしすぎて、とても感想なんて
言えない。

音楽への愛と清志郎への愛に溢れた
時間は瞬く間に過ぎてしまった。



一番最後に届けてくれた曲は自身の曲。

ギタリスト、パットメセニーが彼女に贈った曲に
詩を書いて歌っている。


究極のラブソング。

離ればなれになってしまった大切なひと、
旅立って行ってしまった大切なひと、

そんな人を思う愛の歌。


聞きながら、自分自身の大切なひとが
浮かんできて、涙が溢れてくる。



今回、たくさんの曲の中から特別に選んで私達に
届けてくたれのだなあ。


私達が、

今日も
明日も
いつまでも
愛に包まれているように

祈りを込めて…。




    PRAYER

  夕暮れの光が溶けて消えないうちに
  あなたの名前を呼んでみる

  ゆれうごく街 ひとりたたずんでいる時
  あなたのことを 思ってる

  時を越え
  空を越え
  たどりつくから

  降りつもる悲しみに
  負けることなく

  私の目が閉じられてゆく時が来ても
  あなたの声も 指先も 心も 愛に包まれているように


  時を越え
  空を越え
  たどりつくから

  降りつもる悲しみに
  負けることなく

  祈ることだけ
  今 強く願うことだけ

  あなたが
  今日も
  明日も
  いつまでも
  愛に包まれているように



スポンサーサイト
Posted by bobbin
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。